MENU

ツボ押しで脚やせ

ツボを刺激することで体調を整える、と言う健康法があります。脚やせに大きな効果を発揮するツボももちろん存在します。そして脚やせに効果的なツボのほとんどが、下半身に集中しています。では具体的に、脚やせのためのツボの位置と名前、さらに刺激の仕方を見ていきます。まず最も分かりやすいのが、臀部の一番膨らんだ部分の真下のツボです。これは承扶(しょうふ)と呼ばれるツボで、ここを刺激すれば太ももやヒップを引き締めることができます。次は血海(けっかい)と呼ばれるツボです。これはひざの内側から指3本分延長線のところにあり、ふくらはぎのむくみを減らしたり、身体全体のホルモンのバランスを司っているツボです。足の親指と人差指の付け根から指2本分のところには、太衝(たいしょう)と言う、肝機能を高めて食欲を調整するツボがあります。風市(ふうし)と呼ばれるツボは誰にでも簡単に見つけることができます。まっすぐに立って両腕を自然に身体の脇に下ろします。その時に中指が太ももに触れますが、そこがツボです。この風市を刺激すると胆汁の分泌が促進される為、体内の脂肪の分解の効率が上がります。それだけでなく、胃酸を抑える効果もありますので、食欲が抑制され、脚やせに繋がるのです。三陰交(さんいんこう)と言うツボは一般的にもよく耳にするツボですが、これはホルモンの分泌量を調整したり、内蔵機能を整えますので、むくみを取りますし、結果として脚やせすることができるのです。三陰交の場所は内くるぶしの6センチ程上にあります。他に脚やせできるツボとしては、足の裏の「つちふまず」の中心近くにある湧泉(ゆうせん)があります。さて、ツボの押し方ですが、最初からツボ押し用の道具や先が丸くなったサインペンを使用する必要はありません。親指と人差し指の腹を使って、それぞれのツボを強めに20秒程圧迫した後、ゆっくりと離します。ツボを刺激したからと言って、その効果が瞬時に現れるものではありませんが、長い目で見れば新陳代謝を改善することで、太りにくい下半身を作ってくれて、脚やせをすることとなるのです。自分でツボを押して脚やせを目指す場合には、大切なことが3つあります。力の加減をすることと、焦ってやり過ぎないことと、思い出した時に押すのではなく、わずかな時間でも構いませんので、可能な限り毎日刺激することを続けることです。特に足の裏は「第二の心臓」と呼ばれるように、多くの臓器に関係するツボが集中していますので、きちんとツボの位置を調べてから刺激するようにしましょう。

 

プールで脚やせ

脚が太くなってしまう原因の1つに筋力不足があります。筋力不足はむくみを引き起こし、脚やせしにくい体質になってしまいます。この下半身のむくみを取り、筋力をつけ脚やせするために効果的なのが水泳です。水泳は身体にかかる負担が少ない割に、エネルギーの消費率が大変高い全身運動ですが、特に脚やせには大きな効果を発揮します。水に入るだけで身体全体に水圧がかかることになるのですが、この水圧は水の深さによって違ってきます。底に近い方が水圧が高くなるのは良く知られていますが、競技用規格の水深が深いプールを除くと、市民プールや公園などのプールの深さは、大体1.0m〜1.2m位で、深いところでも1.5mまで位でしょう。この水深の場合、成人がプールの中に立ったとすると、脚が一番強く水圧を受けることになります。そこで水中で歩行運動をすることで、水圧を利用した脚やせができるのです。水圧の中で歩くのですから、ある程度の筋力が必要になってきますが、脚やせしにくい原因の1つとして、太ももやふくらはぎの筋力不足が考えられていますので、水中歩行をすることで筋力をつけながら、脚のむくみを解消させ、脚やせができると言うことになるのです。水中で脚やせ、と聞くと泳げない人や、水泳が苦手な人は敬遠しがちですが、脚やせ目的でプールに入る場合には、泳力は必要ありませんから泳げなくても何の心配も要りません。もちろん泳げる方は1回30分〜60分程度、泳ぐことで脚やせだけでなく、全身のダイエットができますが、泳がなくても同じくらいの時間、水中ウォーキングをすることでかなり効率のいい有酸素運動になり、週に1、2度、3ヶ月〜6ヶ月続けていけば、目に見えて脚やせの効果が出てきます。食事やマッサージなどと同時に、空いている時間にはプールで水中歩行をする、と言うように普段の生活に無理のない程度に組み込んでいけば、それ程負担を感じずに脚やせすることができるでしょう。スポーツクラブやジムなどでも、この水中歩行を取り入れたコースやアクアビクスのコースを開設しているところも少なくありません。一度体験してみることをお奨めします。また、決まった時間には通いにくいであるとか、大勢の中で水着になるのには抵抗がある、と言う方は自分で通える時間にプールに行って、脚への水圧を意識しながら、水中歩行をするだけでも効果は期待できます。この場合、しっかりと脚を伸ばしながら、両手を振って、できるならば腰を少しひねりながら歩いていくと、より効率が上がります。

 

脚やせに効く食事

人間にとって、食事は毎日必要なことです。この毎日の食事を利用して脚やせをする方法を考えて行きたいと思います。まず基本的なことですが、空腹時には買い物に行かないことが大切です。空腹時に買い物に行くと、どうしても余分なものをついつい買ってしまうことにもなりかねませんので、できるだけまとめ買いをしておくようにしましょう。さて脚やせに効果的な食事ですが、脚やせに限らずダイエットにはある程度の食事制限は必要です。ただ脚やせの場合、むくみをとる、セルライトを除去する、といった条件が前提になって来ます。むくみとは、血液中の水分が血管などの外ににじみ出ることで、皮下に水分がたまってしまう状態で、脚は顔と伴に最もむくみが現れやすい場所でもあります。むくみを取って脚やせに効果がある食べ物として、じゃがいもやきゅうり、アボガド、トマト、いんげんなどの野菜があります。これらの野菜は、むくみの原因でもある塩分を、身体の外に排出するカリウムが多く含んでいます。このような食品を摂取することで水分の代謝が高まります。また、カリウムには利尿作用もありますので、これらの野菜を毎日食べていれば、体内の毒素を出す、デトックス効果も得ることができます。カリウム以外に脚やせに効果のある成分として、ビタミンとミネラルがあります。この2つは酵素の働きを助けていますので、不足すると体内の酵素の働きが低下してしまいます。そうなると脂肪が燃焼しにくくなり、血液やリンパの流れが悪くなって、セルライトの除去が難しくなり、その結果脚やせしにくくなってしまうのです。ビタミンは、かぼちゃ、セロリ、グリーンアスパラガスなどの緑黄色野菜に多く含まれ、ミネラルは海藻類に多く含まれています。マッサージなどと伴に、これらの食材を摂取して行くことで、新陳代謝が高まり脚やせすることができるのです。毎日サラダばかりでは、飽きてしまいますので、インターネットなどで色々な料理方法を調べて見るのもいいでしょう。ただし、油分や糖分は必要最低限に抑え、むくみの最大の原因でもある塩分は控えめにして薄味で仕上げることを心がけましょう。さらにこれらの食事はいつでも好きなだけ食べてもいい、と言うことではありません。できるだけ決まった時間に、腹八分目程度の量を良くかんで食べ、夕食後は間食をしないことも大切です。そして夜更かしなどせずに十分な睡眠を取ることも、脚やせには必要なのです。

 

 

チェックツール


 

登録サイトのデータ更新と検索


 

 

最新登録サイト表示

#サイト名PRリンク
1湘南美容外科 青山40
2プリンセススムージー楽天30
3ユニットバスリフォーム価格30

TOP紹介サイト

#サイト名PRリンク
1ちくびの黒ずみ|ちくびの黒ずみの改善方法を教えちゃいます!5
2ラピエル ゆんころ7
3頭皮が固い7
4住宅ローンの借り換え方法と手数料について9
5おかゆ おかず9
6エイジングケア化粧品のランキングが気になります9
7二の腕痩せダイエットのためのストレッチとダンベルの効果9
8着物買取のコツ!~横浜で高額買取する秘訣~9
9脇 黒ずみ とる方法10
10脱毛サロン10
11あそこの匂いってどうしたら治るの?あそこの匂い改善策はコチラ10
12アデランス 岡山10
13誰でも借りれるキャッシングはあるのか?10
14ミュゼ 盛岡MOSS店10
15脱毛を激安で!気になるムダ毛を安くしたいならこちらがおすすめ10
16http://www.ballyhornan.org/10
17モリモリスリム 効かない10
18全身脱毛でおすすめ!料金が安くランキングが高いサロンを選びま10
19すすきの 美容室10
20借金返済 低金利10
21スクリーノリプロスキン.xyz10
22ホスピピュア 楽天10
23脱毛ラボ 予約10
24エクラシャルム 購入10
25カードローン 審査10
26ワキガの辛い現状の解消法!*ワキガの辛さからの脱出法10
27こうじ酵素20
28こうじ酵素 ダイエット 口コミ20
29エステティックTBC|口コミで勧誘が多いっていうけどホント?20
30美容外科 脱毛 千葉20